青森県の鉄道の映像や写真を中心に、鉄道の話題を提供しております!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道コム
第一部はこちら

第二部の続きは、ヘアピンカーブの先から・・・

EX_CIMG4709.jpg

暫くは、軌道は現林道の横を進んでいたと思われます。
おおよそで、こんな感じだったんじゃないかと・・・

EX_CIMG4710.jpg

ヘアピンで高度を稼いだお陰で、下の沢からは結構な高度が有ります・・・
所々で、小さな沢を跨いで居たのか、木橋の跡らしきものがチラホラと・・・

EX_CIMG4711.jpg

EX_CIMG4712.jpg

そして、斜面の中に所々残っている路盤らしき痕跡・・・

EX_CIMG4713.jpg   

そのうちに、また何か有りました。
木組みの跡みたいですが、原型を留めていません。

EX_CIMG4715.jpg

斜面も木が有るうちは良いですが、たまに出くわす、この裸斜面・・・
こうなると、一度林道に上って迂回するしか有りません・・・

EX_CIMG4717.jpg

そして、また再び適当なポイントから斜面を進みます。
この区間は、ポコポコと木組みの痕跡らしきものが転がっています。

EX_CIMG4718.jpg

一際、大きな構造物。
これは、木橋跡でしょうか・・・・?木組みがあさっての方角を向いている気がするのですが?
下の二枚目の写真は画面奥が現林道です。

EX_CIMG4721.jpg

EX_CIMG4722.jpg

EX_CIMG4723.jpg

上の三枚目の写真の左側にも、なにやら有りますが・・・
寄って見たのが下の写真。
何か、電柱の足場の様な鉄の杭が刺さってました。

EX_CIMG4724.jpg

そして、その先に有った木には決定的な痕跡が・・・
レールを押さえるのに使う犬釘です。

EX_CIMG4728.jpg

EX_CIMG4729.jpg


そして、また再び斜面をヒタヒタと・・・

EX_CIMG4731.jpg

EX_CIMG4732.jpg

またもや、犬釘が打ち込まれてる木を発見!!
ですが、喜びもつかの間・・・その先に広がっていた光景は・・・

EX_CIMG4734.jpg

滝&路盤痕跡ロスト・・・ただ、足元の遥か下の川原には丸太がゴロゴロと・・・
もしかしたら木橋で大規模に越えていたのか?とも思いながら林道へと復帰。
暫く歩いてから、再び川原へと降りて痕跡を探すと・・・

EX_CIMG4735.jpg

うーん・・・これは遺構なのか、ただ単に切り出した木材を放置したのか・・・?
とその先を見ると、有りました!!

EX_CIMG4736.jpg

久々のレールです!川原にちょっと平坦な所があったので路盤跡?と思っていた所がそうだった様です。
この先にも、先の遺構か放置木材か判断つかない様なのがゴロゴロと・・・

EX_CIMG4737.jpg

この先は、ちょっと長靴が欲しいかなと思いこの日は打ち切りに・・・
林道へと上がりました。

EX_CIMG4738.jpg

所がこの後、とんでもない物を発見!・・・
熊らしきフン!しかも2つも・・・
いずれも、1週間程は経ってるんじゃないかとは思われる物ですが、二つ並んでは・・・orz
親子でしょうか?同じ熊のテリトリーと言う事でしょうか・・・
この日は、熊装備は熊鈴しかなかったので、帰りは余計に鳴らして引き返しました。

秋に来た時は、キノコ狩りの地元にオジサンに、「この辺だっきゃ熊なんか居ね~よ~」と言われていたので
ちょっと、安心してたのですが・・・次は、装備を整えないと・・・(汗)

鉄道コム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsugarurail.blog6.fc2.com/tb.php/1031-92605fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。