青森県の鉄道の映像や写真を中心に、鉄道の話題を提供しております!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道コム
話が飛んでしまいまして、申し訳ありません。
先日の函館撮影記録の続きです。

大中山駅で粘った後は再び函館駅に戻り、ホームに居たキハ283のS北斗を撮影した後に
遅い食事を済ませ、駅周辺をぶらつく事に。

img0544.jpg
img0545.jpg
駅を出て、先日友人と来た際に摩周丸を見れなかった事を思い出し
摩周丸を撮影に行く事に。

ファンネルに誇らしく描かれた連絡船の証・JNRのマーク
img0557.jpg
img0563.jpg

その後は、本命のDD51牽引の3076レの到着を撮影するために五稜郭へ
五稜郭で、無事に収めた後にS北斗9号・3067レも収録し
今回の函館遠征は終了。

右側が牽引機がEH-500に替わった3067レ・ホーム側が3076レ
img0573.jpg

フェリーの時刻までは、まだ時間もあるので北埠頭まで歩いていく事に。
その途中、有川貨物駅も見てみようと思いつきのまま足を運んでみるものの
列車の姿は無くガラーンと・・・・

img0574.jpg
img0575.jpg

写真数枚を撮って、いい加減疲れてきたのでフェリー待合所へ行き、乗船手続きを・・・
乗船まで1時間弱の待機がありましたが、暖かい待合室でうつらうつら(笑

img0579.jpg
img0580.jpg
img0581.jpg

道中は、行きも帰りも時化て船酔いでした・・・・
青函フェリーは道南フェリーよりも安いし設備も悪くは無いので、安く済ませたい方には最適です。
ただし、乗船が車両甲板からなので、客室がある上部甲板に上がるときは
滑りやすい鉄階段を上ることになるので、お気を付けを(苦笑

鉄道コム
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

3076レを狙うとはかなりのマニアですなぁ 笑
この貨物はちょくちょく未更新車や重連が入るから撮影のしがいがあるんですよね。

あと有川にも来られたんですね。
画像の辺りからまだ海側に行かれますと、青函連絡船時代の岸壁の一部と見通し灯が残ってます。

2009/03/02(月) 21:42 | URL | ののじ #-[ 編集]
こんばんわ

一応、DD51の運用とか下調べして行きました(笑
過去に、下調べせずにED79の撮影に行ってドボンした事が有るので^^;


有川も入換機がDD51なので、あわよくば見れたらと思い行ったら、駄目でした(苦笑
そうだったんですか・・・これで次回のネタが出来ました(笑
2009/03/02(月) 22:44 | URL | 友蔵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsugarurail.blog6.fc2.com/tb.php/15-e2d6f16b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。