青森県の鉄道の映像や写真を中心に、鉄道の話題を提供しております!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道コム
前回からの続き・・・

到着した田代元湯。
ここにはかつて、やまだ館と言う宿泊施設が有りましたが、無くなって早14年・・・
それでも、お湯は絶えず多くの人が足を運んでます。
ただ・・・・すでに廃湯となってるので手入れは訪れた人が行います。
私が着いた時には比較的綺麗でしたが、それでも掃除した方が良い状態でした。

掃除前の湯船の状況。ここは通称・鶴の湯と呼ばれているようです。

DSC_7318.jpg

DSC_7319.jpg
先ずお湯を抜いて、壁面と床面にブラシをかけ、落ち葉を掃いて・・・・と掃除をする事30分程。
完璧とは言えませんが、大分綺麗になりました。

DSC_7320.jpg

ただ、この日は風が非常に強く、直ぐに落ち葉が飛んできて入ってしまう状況。
落ち葉は諦めました。
ここからが長い・・・一回お湯を抜いてしまうと溜まるまでは時間が掛かるので
周辺を撮影に・・・ウロウロしていると更に奥に建物があるのを発見。
藪の中の踏み跡を辿っていくと・・・

DSC_7332.jpg

DSC_7333.jpg

宿泊施設の本館でした。
まだ、残っていた事に驚きです。
ただ、かなり崩壊は進んでました・・・

DSC_7334.jpg

DSC_7335.jpg

DSC_7336.jpg

DSC_7337.jpg

建物の半分程は崩壊してしまっているようです。
残りの部分も後どれ位持ち応えるか・・・
時間はあっという間に過ぎ、お湯も大分貯まって来たので入る事に・・・
まだ湯量が少ないせいか、湯温はぬるめでちょうど良い感じ。
素晴らしい眺めと相まって、ゆったりとした一時でした。
今年、雪で来られなくなる前にもう一度行きたい所ですが・・・

繰り返しですが、ここへ行かれるには危険も伴います。
全て自己責任です。くれぐれもお気を付けを・・・
 

鉄道コム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsugarurail.blog6.fc2.com/tb.php/527-cc2dc7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。